<戦慄のザイール> アフリカの怪蝶を探す 2回目

キサンガニの対岸で泊めてもらう家を探した。
運転手が小さな集落を見つけたのでそこに頼み込み森での生活が始まった。
宿泊した村のコピー.jpg
食事の中心はマニオク(キャッサバ)にバナナを混ぜた甘いお餅と時々肉が出た。何の肉かわからない。筋張っているが鶏肉と牛肉を混ぜたような感じでカレー粉で味付けがしてあった。
マンジーかの粉をふるうのコピー.jpg
その夜は土間でぐっすりと寝た。
裏に小川が流れていて顔や体はそこで洗う。
食事を済ませるとチョウを探しに出た。ボロボロのランドクルーザーを修理しながら進むので時速10キロほどだ。
昨日ドルーリーが飛んできた場所で再び待つ。
1時間ほどすると昨日と同じ方向からドルーリーが飛んできた。長い羽がしなる。追いかけながらピントを合わせてシャッターを切る。数枚うまくいったようだ。
ドルーリー飛ぶ3のコピー.jpg
ドルーリー飛ぶのコピー.jpg
ドルーリー飛ぶ2のコピー.jpg
その夜、肉の正体がわかった。ミドリザルだという。帰国後、しばらくして朝日新聞に「ミドリザルからエイズウィルス発見」という記事が出た。
猿を売る人のコピー.jpg
ドルーリーは何度か現れたがザルモキスはいつになったら姿を現すのだろう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント